DCL のダイニング

hamburger

ディズニー・クルーズ・ラインでは、乗船中の食事にも感激します。
気のままに食べたいものを食べたいだけいただくことが出来ます。
それだけでも嬉しいことなのに、旅の間に利用するレストランは、紛れもなくエンターテイメントの一つです。ただ、食べ物をいただくだけではありません。
ここには、一生記憶に残るほどの素晴らしいレストランがあります。


1. ローテーション・ダイニング

ディズニー・クルーズ・ラインでは全てのゲストに VIP の体験をしてもらうため、〝ローテーション・ダイニング〞というシステムを導入しています。
ローテーション・ダイニングでは、ゲストは毎晩、異なる 3 箇所のレストランを利用します。
客室ごとにテーブルの席番も決まっており、毎晩同じサーバーがついてくれるので、日々親しくなることが出来ます。
どこの国から来たのか、どんなグループなのか、どんなことに興味を持っているのか…そんな話を毎回一からしなくとも、サーバーは私達のことを覚えていてくれます。
ローテーション・ダイニングの初日に、あなたが日本人であることが分かれば、その後はずっと日本語のメニューを持って来てくれます。
lumires-table-number

2. テーブルサービス

マジック号のダイニングをご紹介します。
ローテーション・ダイニングで利用できるレストランですが、朝食をいただくことも出来ます。

Lumiere’s (ルミエール)

マジック号にしかないレストラン【ルミエール】 はDeck 3 にあります。
【美女と野獣】に登場するキャラクター【ルミエール】の名前がついたこの場所では、落ち着いた雰囲気の中でお食事を楽しむことが出来ます。
lumieres-entrance

Carioca’s (キャリオカ)

こちらもマジック号にあるレストランです。
キャリオカは、ブラジルで 2 番目に大きな都市であるリオ・デ・ジャネイロの街を称えたレストランです。
レストランのオーナーは、【三人の騎士】に登場するホセ・キャリオカです。
メニューはラテンの要素が詰まった料理が用意されています。
cariocas-sign

Animator’s Palate

ただ、素晴らしいとしか説明出来ないダイニングです。
食べるだけでなく、見て楽しむこのレストランは、ディズニーらしさが詰まった場所です。
このダイニングのサプライズは、実際に体験されることをおすすめします!
animators-palate-sign

*下船日の朝食は、前日に利用したローテーションダイニングのレストランで食べられます。

3. カウンターサービス

こちらもマジック号の店舗をご紹介します。

Vibe

全ての船にある場所で、ティーン (13~19 歳) が利用できる場所です。
フルーツのスムージーや、ソフトドリンクがいただけます。
ゲームや雑誌も沢山置いてあります。

Cabanas

Cabanas は ‛小別荘’ という意味で、ドリーム号、ファンタジー号、マジック号にあるレストランです。
朝・昼・夜と利用することも出来ます。
種類が豊富で、何度も行きたくなる場所です。
cabanas-shouw-case

Daisy’s De-Lites

マジック号の Deck 9 にあります。
デイジーのベーグルやフルーツ、サラダ、ラップサンド、サンドウィッチ、クッキー…とおしゃれで可愛い料理が揃っています。
時間帯によって、ヨーグルトやシリアルもありました。
大体、AM11:00 ~ PM 7:00 まで開いていることが多いようです。
daisys-de-lites-sign

Pete’s Boiler Bites

マジック号の Deck 9 にあります。
チキンテンダー、ハンバーガー、ホットドッグやタコスをいただけます。
お店の近くにはケチャップやマスタードのディスペンサーや野菜をトッピング出来るスタンドがあります。
何ともアメリカらしくて、たったこれだけのことでも大興奮です!
petes-boiler-bites-sign

Pinocchio’s Pizzeria

マジック号とワンダー号にあります。
アルコール (有料) やソフトドリンク、そしてチーズやペパロニのピザが食べられます。
スペシャルピザを取り扱っていることもありますので、ぜひ 「What is today’s Special?」 と一言聞いてみてくださいね。
pinocios

Eye Scream and Frozen Treats

Eye Scream はモンスターズインクのマイク・ワゾウスキ、Frozen Treats は、Mr. インクレディブルに登場するフロゾンに影響を受けた場所だそうです。
アイスクリームはフリーですが、ミックスフルーツのスムージーとアルコールは有料です。

4. Beverage station

全ての船には、セルフサービスのフリードリンクステーションがあります。
マジック号とワンダー号は Deck 9, ドリーム号とファンタジー号は Deck 11 にあります。
ディスポーザブルのカップが置いてあり、水 (水は船内では貴重で、水のペットボトルは購入します)、ジュース、炭酸飲料、アイスティー、コーヒーやホットチョコレート、数種類ある暖かいお茶が自由に飲めます。
日本茶のティーバックもありました。
drink-dispenser-closer-look

drink-dispenser

こちらでは無料で自由に飲めますが、バーやルームサービス、各種アルコールやウォルト・ディズニー・シアター前の売店ではお金がかかりますので、Key to the World を提示しないといただけません。


美味しい食事は、素晴らしい船旅をより素晴らしいものにしてくれるでしょう。
きっと、忘れられない体験が出来ますよ。

hamburger

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。