Key to the world キー・トゥ・ザ・ワールド

key-to-the-world-eye-catch

チェックインの時に渡される【 Key to the world キー・トゥ・ザ・ワールド】は大切なものです。
ルームキーとして使用する以外に、次のような機能があります。


ディズニー・クルーズ・ライン乗船時の支払い

チェックイン時に登録したクレジットカードまたは現金での支払いになります。

ディズニー・クルーズ・ラインの船内またはキャスタウェイ・ケイで購入した代金をクレジットカードで支払う場合、登録したカードで引き落とされます。
個人のクレジットカード情報を登録出来るので同室の方と支払いを分けて登録することも可能です。
ただし、数名で 1 室に宿泊する場合、部屋の代表者に支払いが付いていることもありますので、後に受け取る明細書を確認してください。
Visa/JCB/Master/JCB/アメリカン・エクスプレスが利用出来ます。

一方、現金での支払いを希望する場合、ポートカナベラルでのチェックイン時に申し出る必要があります。
無制限で使用出来るわけではなく、上限は$ 200.00 と決まっています。
$ 200.00 に達すると、客室に通達が来るので Deck 3 のゲストリレーションで現金を支払います。
すると、再度$ 200.00 まで使用することが可能になります。

クレジットカード払いでも、現金払いでも、店頭での支払い等は Key to the World を提示することで行われます。
船内で売っているランヤードや、ディズニー・バケーション・クラブの初日のパーティで配られるランヤードの中に Key to the World を入れておけばケースから取り出さなくても IC チップが反応して支払いは完了します。

ローテーション・ダイニングの情報

Key to the World には、ローテーション・ダイニングの利用についての情報が記載されています。

key-to-the-world-dinner
赤枠で囲った箇所から以下の重要な 3 点を確認できます。

  • PM 8:15 からのダイニング
  • 『L(ルミエール)」→『A(アニメーターズパレット)』→『C(キャリオカ)』の順でローテーションする
  • 5 番テーブルを利用する(全てのレストランで同じ番号)

ご自身のスケジュールを把握するためにも、Key to the World のダイニングの順番を確認してください。
テーブル番号については一度ダイニングを利用すれば覚えるかもしれません。
しかし、どのダイニングを利用するかは旅程が長くなるほど分からなくなります。
ダイニングの頭文字が並んでいますので、何日目にどこのダイニングへ行けば良いのかご確認を。

避難訓練の場所

出港前に必ず受けなくてはならない避難訓練を行う場所が記載されています。
客室ごとに集まる場所が違うので、気をつけましょう。
こちらの Key to the World で説明します。
key-to-the-world-R

赤い四角で示してあるアルファベットが避難訓練の場所です。
この場合、避難訓練場の集合場所は“R” です。
避難訓練開始までに Deck 4 にある “R” に行く必要があります。
乗船初日に配布される Personal Navigator にも、避難訓練のための Key to the World の見かたについて記載されています。
この避難訓練を受けないと、出港出来ませんので注意してください。

また、避難訓練は Deck 4 の屋外だけではなく、屋内でも実施されます。
例えば、この“R” はアニメーターズ・パレット内にありますが、マップにも記載が無いため非常に分かり辛い場所です。
マップを見ても迷う可能性が高く、早めに行き過ぎると空いていないこともあります。
時間に余裕を持って行動し、分からない場合はスタッフに尋ねてください。
animators-palate-R

場合によっては、この防災訓練は乗船して間もなく実施されます。
船内に入ると、お昼を食べたり船の中を探検したりと忙しいかもしれません。
Personal Navigator を見ていても、当日のスケジュールを確認することに夢中で避難訓練に関するKey to the World については見逃してしまうかもしれません。
是非ご注意下さい。


key-to-the-world-eye-catch

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。