ワールド・ショーケースって美味しいの?(モロッコ館編)

epcot-morocco-restaurant-interior

食べ歩きをすることや軽食を食べることもディズニー・パークでの楽しみの1つです。
東京ディズニー・リゾートに遊びに来た時、パークで食べる食事を楽しみにしている方も多いと思います。
Today やガイドブックにはレストランやワゴンで取り扱っているメニューの写真が沢山載っていて、フードの写真を見ているだけで楽しくなります。



でも、海外のメニューは驚くほど写真が少なく、どんなものを選んで良いか分からないことが多いと思います。
どこにどんな食べ物があるか分からず、歩き回った結果疲れて手頃な食事で済ませてしまった、なんてことが起こりがちです。
そこで、レストランやカフェ、ワゴンので取り扱っているフードの写真を沢山載せてメニューをご紹介します。
今回は、エプコットのワールド・ショーケースにある【モロッコ館】の軽食についてご紹介します。

モロッコ館 (Morocco Pavillion)

epcot-morocco-restaurant-exterior-001

ワールド・ショーケースでは、世界 11 ヵ国をテーマにしたパビリオンがあり、各国の名所が紹介されていたり、その土地の名物を食べることが出来ます。
通常、11 :00 AM にオープンします。
11 ヵ国のパビリオンの中にあるモロッコ館では、スパイスの効いたラップサンドなどが食べられる【Tangerin Cafe タンジェリン・カフェ】という店舗があります。

このカフェのラップサンドは野菜が沢山入っているので、お肉料理が多いアメリカでは嬉しいですね。
タンジェリン カフェ
このメニューだと、どのような料理なのか想像に頼るしかないですね。

店内に入ると、カウンターがあります。
頭上には Shawarma Platter というメニューの写真がありました。
Platter とは ‛大皿’ の意味です。
チキンやラムの Platter も美味しそうでした。
Shawamura Plate
【タンジェリン・カフェ】 のキャストに、料理について質問すると色々教えてくれます。

沢山あるメニューの中で、ファラフェルという野菜で出来たボールのラップを選びました。
これがファラフェルです。
モロッコ館 ファラフェル

ひよこ豆やソラ豆をすりつぶしてパセリやスパイスと混ぜて団子状にし、素揚げしたものがファラフェルです。
ファラフェルは、100%植物性で低カロリーな材料を使っていて、日本人の味覚にもよく合うヘルシーフードです。
たっぷりの野菜と一緒にラップサンドで食べます。
ファラフェルラップ

プレートには、ファラフェルのラップサンド、クスクス、豆のサラダが乗っていました。
日本ではあまり使用しないスパイスを使っているようで、どれも食べたことのない味でした。
ラップサンドに入っている野菜は、すべて茹でたり焼いたりしていない生野菜です。
かなりボリュームがあるので食べごたえがあり、いつもと違った味やスパイスが効いた料理を食べたい時におすすめです。

また、お店の奥には、アルコールやスイーツを販売している場所もあります。
モロッコの飲み物が味わえます。
モロッコ館

モロッコのスイーツもありました。
モロッコ館 スイーツ

【タンジェリン・カフェ】の前には、【Spice Road Table スパイス・ロード・テーブル】というお店があります。
モロッコ館
この場所は、【Illumination: Reflections of Earth】 を観るのにとても良い場所だそうです。

モロッコ館のある場所は、フランス館と日本館の間です。

フランス館のレストランについては、こちらの記事をご参照下さい
france-pavilion-eye-catch

ワールド・ショーケースって美味しいの? (フランス館編)

2016-09-11
epcot-morocco-restaurant-interior

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください