【How To】Family and Friends List の整理術【MDX】

Ticket-and-Media-eyecatch-001

「My Disney Experience ( MDX ) に友人も登録したのに FP+ が取れない」「ホテルの予約にリンクしたはずなのに自分以外から見えない」「同じ名前がリストに2人いる」などなど…

MDX アカウントの管理において「My Family & Friends List (リスト)」が整理されていないと多種のトラブルに見舞われてしまいます。

本稿ではそういったトラブルを回避・解決する為の「リストの整理術」をご紹介致します。

トラブルが無い方もリスト管理の際のご参考にしていただけると幸いです。

MDX-eyecatch-001

これで解決!! My Disney Experience のトラブルシューティング

2017-07-21
『追加』だけしたい!という方はこちらをご参照ください
Ticket-and-Media-eyecatch-001

【How To】Family and Friends List の追加方法【MDX】

2019-08-15

リストを表示させる

」>「My Disney Experience」>「 My Family & Friends」と進みます。
Menu-to-list

アカウントとプロファイル

当サイトでは MDX に登録されているゲストを「アカウント」と「プロファイル」の 2 種類に分類しています。
リスト上では氏名の下に表示でされている内容で見分けることが出来ます。

アカウント

MDX に自身のメールアドレスとパスワードを用いてサインイン出来るゲストです。

Me / My list is ( private. / shared. )
Me-My-list-is
現在サインインしている本人です。
「My list is private. / shared.」の表示は別途「リストの公開設定」にて変更可能です。
Age 18+
Age-18+
アカウントを持っている18歳以上のゲストです。

プロファイル

他のアカウントに管理されており、メールアドレスやパスワードの設定が無いためサインイン出来ないゲストです。

Plans managed by ( me / メンバー名)
Plans-managed-by-meAge-13-Plans-managed-by-mdx
Ticket-and-Media-eyecatch-001

【How To】Family and Friends List の追加方法【MDX】

2019-08-15
対象のアカウント/プロファイルが全く不要の場合は「削除」、重複していて他のアカウントとまとめる場合は「統合」の操作を行います。

削除

重複による不具合を避けるため、実在の人物 1 人につきアカウント(もしくはプロファイル)は 1 つだけになるように整理しておく必要があります。

削除する対象によって画面構成が若干異なりますのでご注意ください。

「削除」≠「消滅」
対象が「プロファイル」の場合には以降の手順で「データそのもの」が消失しますが、「アカウント」の場合には「リスト上の表示から消える」だけでアカウント自体は存続します。

「誤って複数のアカウントを作成してしまった」等の理由で「MDX アカウントを消去したい」「アカウント同士を統合したい」という場合には、現地のゲストリレーションにて対応が必要です。

自身が管理するプロファイル ( Plans managed by me )

  1. 削除対象の名前の右側に表示されている【Update】をクリック。
    List-Profile-me-Ms-Update-1080-148
  2. 【Remove from This List】をクリック。
    After-Update-Profile-Guest-Details-Remove-from-This-List
  3. 「Are You Sure You Want to Remove ○○?」の確認画面で【Yes】をクリックすると削除されてリストに戻ります。
    After-Remove-Profile-Are-You-Sure-You-Want-to-Remove-Yes
    【No】をクリックすると変更は行われずにリストに戻ります。

他アカウントとそのプロファイル ( Plans managed by 他アカウント )

  1. 削除対象の名前の右側に表示されている【Update】をクリック。
    List-Account-Mr-Update-1080-148
    List-Profile-by-Mstr-Update-1080-148
  2. 【Remove from This List】をクリック。
    After-Update-Account-and-by-Remove-from-This-List-001
  3. 「Are You Sure You Want to Remove ○○?」の確認画面で【Yes, Remove】をクリックすると削除されてリストに戻ります。
    After-Remove-Profile-and-Account-Are-You-Sure-You-Want-to-Remove
    【No, Close】をクリックすると変更は行われずにリストに戻ります。
削除出来ないケース
有効なパークチケットや何かしらの予約情報、またはマジックバンドが関連付けられていると「Guest Cannot Be Removed」のエラーが表示されて削除出来ない場合があります。
Guest-Cannot-Be-Removed
ご自身では解決が難しいケースが殆どなので、一先ず【Close】ボタンをクリックしてプロフィール変更画面へ戻り、現地のゲストリレーションか電話・メールでディズニー側へ相談しましょう。

統合

1 人のゲストが「アカウント」と「プロファイル」の両方を所有していると、それらはシステム上「別人」として扱われるため各所で不具合が発生します。
この「重複問題」を解決する主な手段が「プロファイルをアカウントに統合すること」です。

『統合』の注意事項

  • 対象のプロファイルが自分の管理下にある ( Managed by me )場合のみ操作可能です
    他アカウントの管理下にあるプロファイル (Managed by 他アカウント ) を統合する操作は出来ません。
    そのプロファイルを管理しているアカウントでサインインして操作を進めるか、一度自身の管理下に置く変更を行う必要があります。
  • アカウント同士またはプロファイル同士を統合することは出来ません
    例えば、A というアカウントの他に a1、a2 とプロファイルが複数存在する場合に、a1 と a2 とを統合することは出来ません。この場合の対処方法として以下の何れかの手順を踏む必要があります。

    • a1 または a2 を削除した後、残ったプロファイルと A の統合を行う
    • a1 と A の統合を行った後、更に a2 と A の統合を行う

    また、アカウント自体の『削除』や『統合』はユーザーによる操作は不可なので、ゲストリレーションにて相談が必要です。

統合の手順

手順内での凡例
A : MDX アカウント。対象のプロファイル b を管理している状態。
b : プロファイル。A の管理下にある ( Plans managed by A ) 統合対象。
B : MDX アカウント。b の本来のアカウント。ここにまとめる事が目的。
  1. 先ずは b を管理している A にサインインしてリストを開きます。
  2. b の名前の右側に表示されている【Update】をクリック
    List-Profile-me-Ms-Update-1080-148
  3. 【Share Planning with b (プロファイル名) 】をクリック
    After-Update-Profile-Guest-Details-Share-Planning-with
  4. B のメールアドレス* を入力して【Continue】をクリック
    After-Update-Profile-Guest-Details-Share-Planning-with-Entering-Address
    * B が サインインする際に使用するメールアドレス
  5. A のリスト上では b に「Invitation Pending」の表示が付き、アイコンがメールアイコンに変わる
    List-Invitation-Pending
  6. B のアカウントにサインインして通知バッジ* から進み【Accept】をクリックして統合
    My-Notifications-Invitation-Accept
    *通知バッジ以外に B に送信された通知メールからも【Accept】することが出来ます
  7.  B のリスト上に A のアカウントが出現
  8. 同時に A 側のリスト上の b は「Plans managed by me」が消失し、アイコンも B が設定している物に変わる
    List-Account-Mrs-Highlighted

統合が完了すると b に関連付けられていた パークチケット、FP+ 、宿泊情報などは全て B に移行されます。


いかがでしたか?

リストを整理することは見た目や操作性の向上は勿論、データの訂正や誤操作を防ぐ重要な役割があります。
可能であればアカウント作成時から気をつけたいのですが、後からまとめる際には今回ご紹介致しました「削除」や「統合」を活用してスマートなリスト管理にお役立てください。

どうぞ良い旅を!

Ticket-and-Media-eyecatch-001

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください