持ち込み禁止に注意!WDW パークのエントランスで困らないために

ウォルト・ディズニー・ワールド (WDW) のエントランスでは、しっかりとしたセキュリティチェックを受けてからパーク内に入ります。
WDW でのセキュリティチェックの様子とパーク内に持ち込むことが出来ない物についてなど、入園する場合の注意事項をまとめました。


1人でパークに入れる年齢

東京ディズニーリゾートよりも、一人で入場できる年齢のハードルが高いです!

WDW では 14 歳未満のゲストは、14 歳以上のゲストと同伴でなければ入場出来ません。

パークチケットは 10 歳から大人と同料金を支払うので大人と勘違いするかもしれませんので注意してください。
ちなみに 7 歳未満のゲストがアトラクションを利用する場合には 14 歳以上のゲストが一緒でないと利用出来ません。

子供を一人にすることは犯罪?
アメリカでは子供に関する保護者の法律が厳しいので、子供から目を離している状態が続いていたり、子供の傍に大人がいないと保護者が逮捕されることもあります。
お子様連れの方は、決して目を離さないでください!

荷物検査

パークのエントランスが見えてきたら、先ずはセキュリティチェックを受けましょう。
エントランスへ向かう入口は 2 つに分かれています。
【荷物を持っているゲスト】と【持っていないゲスト】です。

荷物を持っているゲスト

セキュリティキャストが荷物の中に持ち込み禁止物がないか詳細に確認します。
チェックエリアに並び、手持ちのバックや袋の中身を見せます。

【アニマルキングダム・パーク】の入口付近の荷物検査の様子です (エクストラマジックアワー 5 分後)。

【エプコット】正面入り口付近の荷物検査の様子です (エクストラマジックアワーのオープン 15 分前)。
EP-entrance-morning-bag-check-001

キャストの正面に腰の高さほどの机があり、その両側にゲストは順番に並びます。
荷物検査は左右交互に行われていました。

ここでの荷物検査は、かなりしっかりと確認されます (キャストによって多少個人差はあります)。
リュックについている外ポケットも中を開けて確認し、首からかけているポーチ (ダッフィーのポシェットやカメラケースなど) も中身を見て確認します。
場合によっては、荷物をバックから出して確認していました。

トラブル回避のためにも
例えば「キャストがバッグのジッパーを開閉する際に壊してしまった」というようなトラブルを防止するため、ゲスト自身でバッグの口を開閉するように指示されます
順番を待っている間にチェックを受けやすいように準備をしておきましょう
一方で、キャストは挨拶をしてくれたり、どこから来たのか?など気さくに話しかけてくれますので、笑顔で答えられると良いですね。

また、突然キャストにセキュリティチェックのゲートを通過するように指示されることがあります。
EP-entrance-random-check-002
数人に一人の割合でランダムに選出しているようですが、とにかく危険物は持ち込まないようにしてください。

持ち込み禁止物品

パーク内への持ち込みが禁止されている物品と条件については以下のように規定されています(2018 年 8 月 6 日情報更新)

  • ドローン (Drones)
  • 遠隔操作のおもちゃ (Remote control toys)
  • スケートボード (Skateboards)
  • キックボード (Scooters)
  • インラインスケート (Inline skates)
  • ローラーシューズ (Shoes with built-in wheels)
  • アルコール飲料 (Alcoholic beverages)
  • 92 x 132 cm を超えるサイズのベビーカー (Strollers larger than 36″ x 52″)
    ※追加のタイヤやパーツを装着しているタイプも入園時にレンタルベビーカーに替えるよう(有料)に指示されます
  • 車輪の有無を問わず、61 cm × 38 cm × 46 cm を超えるサイズのスーツケース、クーラーボックス、バックパック (Suitcases, coolers or backpacks with or without wheels larger than 24″ long x 15″ wide x 18″ high.)
    ※ロッカーに入り切らない荷物をゲストリレーションで預かることは出来ません!
  • 「電動カート・車椅子・ベビーカーに押される若しくは牽引される」または「人によって牽引される」ワゴン※を含むあらゆる乗り物のような物 (Any trailer-like object that is pushed or towed by an Electric Conveyance Vehicle, wheelchair or stroller, or pulled by a person, includinf wagons.)
    ※「押すだけ」のタイプは持ち込み可能。「引っ張る」事が出来るタイプは不可。ワゴンの前後に持ち手がついているタイプも不可
  • 2 輪以下の乗り物、または停止時・電源が入っていない時・未使用時に安定を保てない乗り物。補助輪やそれに類似するパーツは使用不可。乗り物は人力若しくは電力にて駆動し、歩行速度で走行する物であること。定員一名で大きさは幅 92 cm (36″)、高さ 132 cm (52″) 以内であること。 (Wheeled mobility devices with less than 3 wheels and devices that cannot maintain stability and balance when stopped, unpowered or unoccupied. Training wheels or similar modifications are not permitted. Devices must be manually or electrically powered and operated at a walking pace. Devices should be single rider and not exceed 36″ (92 cm) in width and 52″ (132 cm) in length.)
  • あらゆる武器、または武器に見える物、おもちゃの銃(光線銃、水鉄砲を含む) (Weapons of any kind or objects that appear to be weapons or toy guns (also including toy blasters, squirt guns, etc.)
  • 折り畳み椅子 (Folding chairs)
  • 自撮り棒、カメラやモバイルデバイス用の伸縮する棒 (Selfie sticks, hand-held extension poles for cameras and mobile devices.)
  • 大きな三脚 (Large tripods.)
  • ガラス容器 (ベビーフードジャーなどの小さな容器は除く) (Glass containers (excluding small containers such as baby food jars).)
  • 犬やミニチュアホース(ポニー)等の認可されたサービスアニマルを除くあらゆる動物。なお、サービスアニマルは常時リードやハーネスを繋ぎ、オーナーの管理下に置かなければならない。アトラクションの性質上、サービスドッグが利用できない場合がある。 (Pets or other animals, except approved service animals e.g., dogs and miniature horses. Service animals should remain on a leash or in a harness and under the control of the owner at all times. Due to the ature of some attractions, service animals may not be permitted to ride certain attractions.)
  • アニマルキングダムでは動物たちの安全の為、風船とプラスチックのストローは禁止されている (Balloons and plastic straws are not permitted in Disney’s Animal Kingdom Park for the safety of our animals)
  • その他、有害あるいは混乱を招くと判断されたいかなる物品 (Other items that we determine may be harmful or disruptive.)

東京ディズニーリゾートと同様、自撮り棒は持ち込み禁止です!
また、荷物を「引っ張る」事も禁止されています。キャリーケース等も「押して」常に自身の前方に保つように指示されます

服装について

主に 14 歳以上の大人向けですが、持ち物だけではなく服装についても幾つか規定があります。

  • 常時、適切なシャツや靴を着用すること。露出の多い服装や素足、攻撃的・暴力的なメッセージやフレーズ、イラスト等が入った服装は入園時に着替える(着る/ 脱ぐ/ 覆う)ように指示されます
  • 地面に引きずる衣服は着用できません
  • タトゥーは禁止ではありませんが、露出する場合には他人に不快感を与えないよう考慮する必要があります。攻撃的なフレーズやデザインは外から見えないように覆う必要があります
  • 14 歳以上のゲストは、コスチュームまたはその様に判断される服装を着用することはできません
  • 14 歳以上のゲストは、医療目的で必要な場合を除きマスクを着用することはできません。なお、13 歳以下の子供がマスクを着用する際には邪魔されない視界を保ち、外から完全に目が視認できる状態である必要があります
特別なドレスコード
HalloweenPartyrunDisney には独自のドレスコードがあります

荷物を持っていないゲスト

荷物を持っていないゲスト ( Guests without Bags ) 専用の入口があります。
荷物検査を省略できるので少し早く入園出来ます。
EP-entrance-morning-bag-check-002

マジックバンドがあればお財布やルームキーは不要(例外あり)ですので、一刻も早くセキュリティを通過したい方は何も持たずに手ぶらでパークに来る方が良いでしょう。

パークエントランス

セキュリティを通過したら、エントランスゲートにてマジックバンドやカードタイプのチケット(以下【メディア】)を使用して入園します。

各メディアを機械のミッキー部分にタッチし、続けて隣接しているセンサーに指を押し当てて指を読み取らせます。
ミッキー部分が緑色に光れば認証成功です。青色に光った場合は再度メディアのタッチからやり直します。
entrance-magicband-scanner-001

同じチケット(エンタイトルメント)を使用している間は初回に登録した指データを照合させます
青色に光る主な要因として「初回に登録した指と異なる指を使用した」「指を置く場所や角度が登録時と異なる」「汗、水分、日焼け止め、ローション等を使用している」「使用するメディアやエンタイトルメントに問題がある」などがあります。
何らかのエラーがあって読み取れない場合は、近くでスタンバイしてくれているゲストリレーションのキャストが対応をしてくれますので待ちましょう。

WDW で楽しく過ごすための 40 の小技

2017.08.04

これでパークに入場することが出来ます。
パークから退出する場合は特別な手続きやチェックは不要です。
沢山の体験をして楽しい時間にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。